同人誌制作メモ

3年ぶりくらいに印刷所に頼んで作りました。基本的にシステムは変わってませんし作り方も同じ。なので特に苦労はありませんでしたが、あえてメモとして残しておこうかなと思います。

今回頼んだ印刷所は
OTACLUB
https://otaclub.jp/

大阪と東京に店舗を構える印刷所で
かなりリーズナブル、そして当日印刷が可能と
シンプルに言えば、
同人に特化したキンコーズみたいなもの。

ほんと、安くて早い。
東京と大阪に関して言えば、キンコーズの最強のライバルが出た感じです。

さて、同人誌ってどう作るのか?

同人誌作成は色々とありますが
大雑把にいって

・表紙
・本文
・奥付
・裏表紙

これだけあれば完成します。

表紙はカラーなのが一般的
本文はモノクロ(グレースケール)などです。

最近の安価な印刷であれば、グレースケールが可能で
500部くらいまでなら当日中に印刷まで完了します。

っていうか、当日に完成するとおもわなくて
もっと時間使えばよかったと思いました。

で、テンプレートデータなども各社でありますが
大雑把にいえばこれ

18.8/26.3 600dpi(3ミリ) B5同人誌の一般的な同人原稿サイズです。
仕上がりサイズは18.2/25.7になります。

内側のラインがコマの外側です。

まぁ、大抵の印刷所でもテンプレ出してますし、そもそもアプリやソフトをつかったデジタル作家さんは最初からこういったものが用意されています。

これを、表紙・本文・奥付・裏表紙までつくっていくわけです。

奥付とは、どこで印刷したのか、自分が誰なのかといった製作者を表記するページです。

ま、一回作れば
なんとでもなるので、売れるか売れないかなどは意識せずに作って見ましょう。
 
コピー本が安いと思いがちですが、以外にかかったりします。
それに完成品のクオリティは1段さがるので
なるべく印刷所に頼む方がいいです。

なにより、きっちりした原稿になります。

■おすすめ印刷所

OTACLUB
https://otaclub.jp/

原稿テンプレ
http://ark-impulse.com/wp-content/uploads/2018/08/genko-template.png

ABOUTこの記事をかいた人

エロ漫画家を2014年で辞めて、フリークリエイターに。 「お金の為に絵を描く」のが嫌になりました。 趣味を仕事に楽しくに稼ぐ方法をお届けします。 今でも印税は入ってますw デザイン・写真・フィギュア・創作・お菓子が好き