「works memo」作業環境を整える

作業環境を
デスクトップwinから
Macbook Proに変えたので
色々変わりました。

今まで
OS:win7
memory:16G
CPU:3.2 I5
GPU:GTX670
Drive:SSD256

これから
OS:MACOS High Sierra
Memory:16G
CPU:2.5 I5
GPU:onbord
Drive:SSD256

デスクトップと同じ状態に改造した感じ
なんせ、マックブックプロは、旧式の

13inch MID 2012

つまり、5、6年落ちの中古のヤフオクで買ったやつ
しかも改造コンめっちゃあって、ネジとか8割ないし
 
しかも、トラックパッドが半分潰れてる
 
なので安かったんだけど
まぁ、ひでぇw
 
でも、元の4GB HDDタイプだと使いにくいわ
熱いわ重いわで、悲惨だったので
 
パーツを買い換えて改造して
OSを最新にしたら、すごい使いやすかったって話
 
もともとキーボードは押しやすさも合間って
使いやすかったから困らなかった
 
同スペックの最新のマックブックプロを買おうと思ったら
21万くらいしたけど、改造するんだったら
5万の本体(3年前に買った)、メモリ2万、SSDは入れ替えだから
 
正味使ったお金は3万円以下。
パーツの大部分をデスクトップから載せ替え

余ったパーツを売ったので
その分の差し引き考えたらかなり安い。

とはいえ、
この改造できるマックは実は旧式のものしか存在せず
最近のマックはもう、バッテリーもドライブも取り外しは不可
 
昔にかったマックだったからできた荒技だったみたいです。

で、ソフトと
周辺機器もついでに変化

液タブをアイパッドにチェンジ
ソフトをpixiaから、クリスタに

フォトショは継続
 
FFFTP > Yummy FTP
TERAPAD > CotEditor

まぁ、かわったのはこの程度
意外と変化はないね。

液タブをアイパッドに変えたけれど
ちょっとだけ不便。
 
画面みながらそのまま描くにはいいのだけど
目を話して、モニター見ながらだと
 
ワコムの液タブの場合
5ミリくらい浮かせて移動させてもアイコンは反応するんだけど
 
アイパッドは、離すと完全に反応しない。
なので、モニタ見ながらの編集作業には不向き
 
それくらいかな
 
あと、アイパッドの反応が若干悪いくらい
USB接続ですからね。

まぁ、それでも
どこでも作業できて
SDカードリーダーあって
その他諸々全部対応可能で
 
携帯もあいふぉんに変えたので
写真の移動が楽でって考えたら
 
圧倒的に連携率が高い
 
winのメリットももちろんわかるけど
リソースとの連携を考えると
マックブックに一歩負ける。
 
一部のソフトはあいかわらず動かないので
ゲームやるには不向き

ABOUTこの記事をかいた人

エロ漫画家を2014年で辞めて、フリークリエイターに。 「お金の為に絵を描く」のが嫌になりました。 趣味を仕事に楽しくに稼ぐ方法をお届けします。 今でも印税は入ってますw デザイン・写真・フィギュア・創作・お菓子が好き